スポンサードリンク

ミニチュアダックスの子犬

ミニチュアダックスフンドの子犬はかわいいのでどんな人でも一度は飼ってみたくなるものです。しかし10年以上も連れ添うことになりますので途中で飽きてしまい世話もおざなりになってしまっては困ります。また家族の中で一人でも嫌いな人がいる場合はよく話し合って飼うかどうか決めることが必要です。犬を飼ったら寿命を全うするまで面倒見ることが当たり前のモラルです。
ミニチュアダックスフンドのようなペットの世話には結構な時間が毎日必要です。ペットを飼った方ならわかると思いますが朝晩の散歩から食事の世話、爪や体毛の管理、ペットでもお風呂などいろいろとあるので家族で分担していかないと大変です。特に朝晩の散歩には時間をかけてあげてください。しっかり散歩して運動すれば無駄吠えやいたずらなどを防ぐことができます。
ミニチュアダックスフンドを厳しくしつけるのはかわいそうという感情はしつけにとっては無用です。しかし愛情のないしつけでは困ります。自分の感情のおもむくままに理由もなく怒りつけたり、逆に気まぐれで溺愛のごとくかわいがってはしつけになりません。服従心のある犬にするために子犬のころからしつけることが大事です。
ミニチュアダックスフンドとのスキンシップは健康な心身発達には必要不可欠です。飼い主がよく接してあげれば人を信頼して性格も明るく主人の命令にもよく従う犬になってくれます。服従心のある犬にするためのも、子犬の頃から成犬になってもペットとのスキンシップはできるだけ多くの時間をかけてあげることが必要です。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/34830184

スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。