スポンサードリンク

ブラッシング

ミニチュアダッグスフンドなどのペット、とくに子犬を飼う場合はなるべく家族全員の同意のもとに飼いはじめましょう。一人でも犬などのペットが嫌いな人がいた場合は後々深刻な問題が起こってしまいます。中でも母親である主婦が犬好きでない場合は悲惨な結果になりやすいので、主婦が嫌な場合はあきらめたほうがお互いのためになります。
ミニチュアダッグスフンドに限らずペットの世話は大事に育てる育て方として朝夕の散歩から食事の世話、ブラッシングなどの体調の管理まで入れると一日2時間程度はミニチュアダッグスフンドの為に必要なので、日頃から家にいる時間の多い人が中心になり家族で分担して協力していかなければうまくいきません。外飼いでは愛犬と触れあう時間も限られてしまうので、犬の体調の変化や異常などを見逃さないようにするには室内で飼うことが重要です。
ミニチュアダッグスフンドを厳しくしつけるのはかわいそうという感情はしつけにとっては無用です。しかし愛情のないしつけでは困ります。自分の感情のおもむくままに理由もなく怒りつけたり、逆に気まぐれで溺愛のごとくかわいがってはしつけになりません。服従心のある犬にするために子犬のころからしつけることが大事です。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/34830572

スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。