スポンサードリンク

犬の病気と知識カテゴリの記事一覧

ミニチュアダックスフンドの病気

ミニチュアダックスフンドの病気にはワクチンの接種や定期的な投薬により発症を予防することができるものがいくつかあります。
ワクチンの接種で予防できる犬の病気は感染症で、代表的なものとしては狂犬病、ジステンパー、犬伝染性肝炎、犬パルボウィルスなどです。
また、ミニチュアダックスフンドでも外で飼っている場合に多いのが蚊の媒介により寄生虫が血液中に入り込み、死亡率も高いフィラリアです。フィラリアは、蚊の発生時期までに数ヶ月に渡って薬を投与することで予防できます。通常ワクチンの接種は生後2ヶ月頃に1回、生後3ヶ月〜4ヶ月ごろに1回受けますが、獣医師によっては生後4ヶ月ごろまでに3回受けることを勧める場合もあります。狂犬病の予防接種は法律で義務付けられていますが、その他の感染症に対するワクチンの接種は飼い主の任意とされています。ワクチンは感染症を予防する有効な手段ですが、副作用の発生も報告されており、接種するときには、犬の健康状態をしっかり把握した上で行うことが必要です。感染症やフィラリア以外にも、ミニチュアダックスフンドの病気はたくさんありますが、最近の傾向として、ガンや糖尿病、椎間板ヘルニアなど、人間とよく似た病気に苦しむ犬が増えています。いわゆる犬の生活習慣病ですが、餌のやりすぎや運動不足による肥満、あるいは過度のストレスが病気の引き金になっている場合も考えられます。飼い主がちょっと気をつけてあげれば改善できることばかりです。ミニチュアダックスフンドを病気から守るためには普段から行動やしぐさをしっかりと観察しておくことが必要です。続きを読む
スポンサードリンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。